囲碁部会     

第13回オール早稲田囲碁祭
習志野稲門会/囲碁倶楽部として参加しましたので、下記ご報告致します。
 日時:6月1日(土)
 場所: 日本棋院/市谷
 参加人員: 約200名
  習志野よりも団体戦(下記5名)に参加、全4回戦戦い,善戦致しました。 個人戦は不参加。
   選手:天日主将(4段)、岩田准将(2段)、浮貝3将(2段)、
      井上4将(初段)、 勝又5将(初段)
★☆★☆★☆★☆ 
囲碁幹事
浮貝 泰夫 ( Yasu Ukigai )
  03− 3358−0234
  080−5466−3370
フリーダイヤル:0120-75-0234

習志野稲門会 『囲碁部会ー活動ご案内』
・ 例会 : 毎月第2木曜日/13:00〜17:30
        場所: 日本棋院津田沼支部 (JR津田沼南口 モリシア7階)
         故に、4月は11日(木)実施:10名参加
         5月は 9日(木) 予定   
・ 第13回オール早稲田囲碁祭(首都圏)開催
   日時: 平成25年6月1日(土)09:30〜17:00
   場所:  市谷、日本棋院 2階大ホール
    出場予定選手(5名) : 天日様(4段)、岩田様(2段)、浮貝(2段)、
       棋力順        井上様(初段)、勝又様(初段)
・ 囲碁旅行(1泊での大会を開催)の件
    熱海梅園を見ながら、囲碁旅行を実施しました。
   日時 : 平成25年3月8日〜9日
   行き先:  熱海(ニュー富士屋ホテル)
   出席者:  岩田会長、天日様、小林様、井上様、勝又様、坂本様、浮貝、
     計:9名  特別ゲスト:船橋稲門会囲碁倶楽部より、清水様&齋藤様
     
       
★☆★☆★☆★☆ 
習志野囲碁倶楽部
世話役  浮貝 泰夫 ( Yasu Ukigai )
03− 3358−0234
 080−5466−3370
フリーダイヤル:0120-75-0234
ukigai@create-int.co.jp
www.create-int.co.jp


定例会:
日時 : 毎月第二木曜日13:00〜17:30まで
場所 : 日本棋院津田沼支部
      (JR津田沼南口モリシヤ7階)

1月定例会: 1月10日(木)に開催致しました。
    下記皆様より11名参加頂きました。 又、その内有志7名にて
    新年会/懇親会を実施(於:やる気茶屋)。
   会員: 天日様(4段)、岩田様(2段)、浮貝(2段)、田中様(初段)、井上様(初段)、勝又様(初段)
        金古様(1級)、速水様(1級)、小林様(2級)、坂本様(2級)
   賛助会員 : 清水様(7段)、齋藤様(6段)、吉谷様(2級)

○2月定例会: 2月14日(木)13:00〜 予定
尚、新入会員募集中です。
 級位者歓迎です。  下記幹事までご連絡願います!

★☆★☆★☆★☆ 
囲碁部会幹事
浮貝 泰夫 ( Yasu Ukigai )
03− 3358−0234
 080−5466−3370
フリーダイヤル:0120-75-0234
ukigai@create-int.co.jp
www.create-int.co.jp

囲碁部会2012年8月納涼大会の活動

○日時:2012年8月22日(水)
   囲碁大会  : 12:00〜17:30
     於:日本棋院津田沼支部(モリシアの7階)
   納涼懇親会 : 18:00〜20:00
     於:日本海庄や(パルコビルの6階)
参加者:岩田会長、天日様、田中様、勝又様、速水様、金古様、吉谷様、小林様、坂本様 & 浮貝、
    船橋稲門会より清水様(7段)、齋藤様(5段)特別参加
現在の囲碁部会のメンバーは全員で11名で、今回の欠席者は井上様1名だけの大盛会でした。
ーーーー
*習志野稲門会会員の皆様に囲碁部会PRお願いの件:
  囲碁部会に入会の勧誘、お願い致します。 特に、50〜60代の方大歓迎又、70〜80代でもこれから習いたい/再度開始したい方も大歓迎です。
  
  連絡先は岩田会長、又は浮貝まで!
★☆★☆★☆★☆ 
囲碁部会世話役 坂本/浮貝 
03− 3358−0234

080−5466−3370

2012年春季囲碁部会大会

「囲碁部会では 3月19日(月)に 囲碁大会を開催。
これは 房総白浜で一泊宿泊大会を予約準備済みだったが、諸般の事情から キャンセルせざるをえなくなり その代りに予約日に津田沼で大会を行った次第。
昨年の大震災による宿泊大会キャンセルに続き、二年続きのキャンセル。
今回は残念ながら 健康を害した部員もおり全員出席とはいかなかったが、12名が参加し 午前11時に「津田沼囲碁クラブ」で対局を開始した。
結果は、金古好司部員と清水睦夫準部員のお二人が全勝を飾り 優勝、準優勝賞を獲得、以下岩田光弘部会長、勝又啓二郎、 天日雄三郎、田中直彦各部員と続き3〜6位賞が授けられた。
会場の「津田沼囲クラブ」では常連となった当部会は同所の正メンバー並み扱いとなり 種々のサービスを享受することが出来た。
大会終わって5時半より 昨年2月の忘年大会同様 居酒屋「魚一商店」に席を移し懇親会を行った。
賑やかな談笑が続いたが、来年はぜひとも宿泊大会を再開すること願って 午後8時前にお開きとなった。
参加者は 田中、小林、井上、天日、 岩田、金古、浮貝、勝又、坂本の各部員と準部員の清水、斎藤、吉谷の皆さん。 写真は対局風景。」


坂本


2012年春季囲碁大会写真集
(↑ここをクリックして下さい)


2011年囲碁部会年末大会&忘年会

囲碁部会では 12月14日(水)に久し振りに大会を行い 忘年会を行いました。
今年は3月13日に予約してあった宿泊大会が大震災の為キャンセルせざるを得ず 大会は久し振り。

今回 新入部員の勝又啓二郎さんを迎え健康問題のあった部員も元気よく また 仕事の都合もあった部員も日程をやりくりし 全部員が参加し 準部員も含め12名が午前11時30分に「津田沼囲碁クラブ」に集い 腕を競った。
対局結果、 全勝が速水部員と天日部員の2名となり、トシの順で 速水部員が優勝となった。

大会終わって、席を居酒屋「魚一商店」に移し 6時から忘年会となった。
参加者全員が今年を振り返り叉来年の意気込みを一言づつ短いスピーチをした。
あとは賑やかな囲碁談義等でいつもながらの和気藹々の会となって、今年を締めくくった。

(参加者は 速水、田中、小林、井上、天日、 岩田、金古、浮貝、勝又、坂本、準部員の斎藤、吉谷の皆さん)



 忘年会など他の写真は左のカメラをクリックしてご覧下さい。

第7回早稲田大学校友会千葉県支部囲碁大会

囲碁部会は102日(日)に 流山市・南流山センターで開催された表記大会に参加しました。
県下
15稲門会から104名が参加し 16チームを組織し、団体戦と 個人戦を行いました。
当会からは
7部員が参加し、天日、岩田、浮貝、井上、速水各部員が習志野稲門会チームを構成し対局、 叉 小林、坂本部員が個人戦に出場しました。
残念ながら団体戦 個人戦共 振るわず 参加賞のみのゲットに終わりました、
写真は会場と対局の様子です。 
戦い終わって 足を怪我していて靴も履けない天日部員と、顎にケガして抜糸もまだ出来ていない小林部員を除き、船橋稲門会囲碁部会員と共に南流山駅前で残念会を行い、楽しく交歓して解散しました。
    (坂本)

第11回オール早稲田囲碁祭(首都圏)

第11回オール早稲田囲碁祭(首都圏)
囲碁部会は6月4日(土)に日本棋院市ヶ谷本院の大対局場で開催された表記囲碁祭に参加しました。
今回は「東日本大震災チャリテイ大会」として行われ、首都圏各地から約260名が集まり団体戦と個人戦が行われた。
当会からは天日、岩田、浮貝、井上、速水、坂本の6部員が参加。
団体戦は48チーム240名で争われ 当会はF組で 豊島、安孫子、東久留米各チームと対戦し、決勝戦で惜しくも目黒チームに敗れ二位となった。
今回チーム主将となった天日部員は4戦全勝を飾り 重責を果たした。
また浮貝部員も全勝で決勝進出に大いに貢献した。
新部会員で今回初出場となった速水部員は時計を使う対局に不慣れではあったが大健闘した。
今回も大学囲碁会の現役学生が大会運営を手助けする傍ら 指導碁を行い参加者には大変勉強になった。
チャリテイとして早大出身プロ女流棋士の「青葉かおり」や「下坂美織」が色紙等を提供し義援金集めに貢献した。
戦い終わって地元津田沼に戻り反省会を行い解散した。
(坂本記)

 

囲碁部会 第7回宿泊囲碁大会・懇親会

毎年春に行われている宿泊囲碁大会・懇親会を今年も下記の予定で行います:
 
日時 ;3月13日(日)〜14日(月)
場所 ; 南房総市白浜町 「南国ホテル」
予定 : JR津田沼駅前発 車3台に分乗、 
      「南国ホテル」で囲碁大会開始午後2時
               終了 14日午前11時 

2010年囲碁部会年末大会&忘年会

年末の囲碁部会大会を1227()、津田沼駅前のモリシア7階「津田沼囲碁クラブ」で開催し、その後 「やるき茶屋」で 忘年会を開催しました。

大会は午前11時半より午後5時半まで、参加者13名の4局戦で行なわれ(ハンデイ戦)、金古好司さんが見事、全勝で優勝した。準優勝は浮貝泰夫さんで、山田勝彦準会員(そば 喜楽)と共に3勝1負の2位タイだった。今回始めて速水弘明さんが参加し大勢の大会となった。

大会後の忘年会は、何時もながらの議論(おしゃべり?)沸騰で賑やかな会になりました。 
次回大会を恒例となった春の一泊宿泊大会として行うことを決め、夜
8時散会。
参加者は上記のほか岩田光弘部会長以下 井上勲、小林晃、田中直彦、天日雄三郎、坂本宗秋各部会員と斉藤鴻志、清水睦夫、吉谷富彦(そば 和楽)各準会員
                                    坂本宗秋 記

第6回早稲田大学校友会千葉県支部囲碁部会大会

10月10日(日)、流山市で開催された第6回校友会囲碁部会大会に参加。 
今回は県下17稲門会から100名が出場し 16チーム(1チーム5名)個人20名 での対局となった。
当部会からは 岩田光弘、浮貝泰夫、井上勲、坂本宗秋各部員と斉藤鴻志準部員が習志野稲門会チームを結成し チーム戦に出場したが 残念ながら入賞は出来ず、参加賞のみの「獲得」となった。
優勝は4チーム戦に全勝した八千代チーム。
終わって、反省会では大いに盛り上がり 次回の大会を期すこととしました!


2010年7月度囲碁部会大会&懇親会

2010年7月4日(日)囲碁部会大会・懇親会を開催。
今回は初めて津田沼駅南口の「津田沼囲碁クラブ」で対局した。
午前11時30分より午後5時過ぎまで部員等10名が腕を競った。
結果は斉藤鴻志準部員が3勝1負で優勝、日頃研鑽十分な浮貝泰夫部員は準優勝となり 3位には 久しぶりに元気な顔を見せた田中直彦部員が入った。
今回は蕎麦部会関係の喜楽 山田勝彦、和楽 吉谷富彦の2氏を招き共に楽しんだ。
同囲碁クラブ席亭よりは多くの参加賞が提供された。
対局を終わり 懇親会を「とり屋一億」で開催、いつもながらの和気藹々の会となった。
今回大会の出席者は上記5氏の他、岩田光弘部会長、天日雄三郎、小林晃、坂本宗秋各部員と清水睦夫準部員。
尚 大会写真は幹事が対局のみにアタマを悩ませ続け、撮影忘れ 懇親会の場面だけとなった。 (坂本)

 

第10回オール早稲田囲碁祭

2010年6月5日第10回オール早稲田囲碁祭が日本棋院で開催されました。
団体戦は48チーム240名が集いました。
当会からの参加者は斉藤、天日、岩田、浮貝、小林の5名。
予選は4チーム総当たりで3連勝し、E組優勝戦で茅ヶ崎と対戦し、惜敗2位でした。
2位は過去最高の成績です。
5時終了後、焼鳥屋にて反省会をし、解散。
碁に興味のある会員を募集しています。
                                      (岩田記)

囲碁部会 第6回宿泊囲碁大会・懇親会

恒例の宿泊囲碁大会・懇親会を4月4日(日)〜5日(月)に南房総市白浜の南国ホテルにて開催した。
参加者8名は 岩田部会長、浮貝部員 の2台の車に分乗、4日(日)午前11時に津田沼駅前を出発。
途中 ふらり富山で昼食、小休憩のあと 南国ホテルに直行し、チェックイン時間前に 直ちに囲碁室に入り、
2時前より対局を開始した。
今回は2日間 8名総当りで成績を決定する事とした。夕食時や就寝前に
一杯飲みながら囲碁談義や他の部会活動などを語りあい和気藹々のひと時を過ごした。
翌日は強い
風雨に見舞われたが、チェックアウト時の正午ギリギリまで対局が続いた。
対局結果は このところ好調の
浮貝部員と高段者の二人の準会員が 5勝2敗となり、賞品を平等に分けあっていた。
帰路は途中の
保田の 「番屋」で新鮮な魚料理を楽しんだ。
今回の参加者は 岩田光弘部会長、井上勲、浮貝泰夫、金古好司、小林晃、坂本宗秋 各部員と
準会員の 齊藤鴻志(船橋市在住稲門OB)、清水睦雄(同左)両氏。
欠席は田中直彦、天日雄三郎
の2部員だった。
(坂本記)
 


2009年年末碁会&忘年会

12月28日(月)忘年囲碁大会は津田沼「本因坊」にて開催。
浮貝部員が日頃の精進の甲斐があり初めて4局全勝の快挙を成し遂げた。
対局直前2部員が病欠となり、8名の参加となった。
懇親会は「とり屋一億」に7名参加で実施、少人数の忘年会となった。
参加者は田中(直)、小林、井上、浮貝、金古(懇親会は欠席)、清水、寺澤(ゲスト)の各氏と坂本。
写真は又もカメラを誤操作でムービーとしてしまい、掲載不可能となった。
                                            (坂本記)
 
2009年9月度囲碁部会大会&懇親会

9月26日(土)囲碁部会大会を津田沼囲碁クラブ「本因坊」で開催した。
集まったのは 8部員で 午前11時から4局戦を行い、斉藤準会員(6段)が全勝を飾った。
第二位は3勝1敗の岩田部会長だった。
規定の対局数を終わって10月11日の千葉県大会に備え更に練習対局を行なった。
5時半からは居酒屋「築地日本海」で賑やかに懇親会を行なった。
添付写真は懇親会風景。右から小林、浮貝、斉藤、田中(直彦)、天日、井上、坂本の7名 (対局には 金古部員と清水準部員が欠席。
岩田部会長は懇親会は欠席)。
対局写真は 報告者が負け戦が多く、あせっていて撮影どころではなかったので ありません!(坂本記)

第9回オール早稲田囲碁祭

6月6日第9回オール早稲田囲碁祭が日本棋院で開催されました。
団体戦250名、個人戦6名が参加。
習志野は個人戦で坂本宗秋さんが3位入賞。
団体戦は昨年は4位でしたが、本年は入賞ならず参加賞でした。
参加者 団体斎藤、岩田、田中、浮貝、井上.個人戦坂本。
                                      (岩田記)

 当日の他の写真は〔写真集)をクリックしてご覧下さい。

囲碁部会 第5回宿泊囲碁大会・懇親会

「囲碁部会の第5回宿泊懇親囲碁大会を3月1日〜2日に館山市内の温泉旅館「海紅豆」で開催した。
参加部員は津田沼駅前から3台の車に分乗し、館山に向かい、12時半ごろより同旅館で対局開始した。 
「海紅豆」社長の山崎吉英氏は 前安房稲門会会長で、本大会に特別参加した。
翌日も併せ、6局の対戦で順位を決定したが、山崎氏が全勝し見事優勝した。
今回も時間の許す限り全員との対局に努め、存分に囲碁を楽しみ、清水準会員等の高段者に指導願い大いに勉強した。
今回は好きな時間に自由に対局でき、囲碁会会場として申し分なかった。
旅館は海辺に面し、眺めも最高で参加者は温泉を楽しみ又近所を散策し、海の幸を堪能した。
帰路は保田海岸で漁業組合が経営する海辺の大食堂「番屋」で新鮮な魚料理の昼食を味わった。
参加会員は 田中直彦会長以下、岩田光弘 井上勲、浮貝泰夫、金古好司、小林晃、坂本宗秋、 清水睦雄(準会員) 斉藤鴻志(同)の各氏と山崎社長の10名であった。
尚、全員の対局風景の写真撮影が失敗しご覧頂けないのは残念至極です。」 (坂本記)
 
2008年年末碁会&忘年会

囲碁部会の忘年会と囲碁会が12月21日(日)に行なわれた。
交流する船橋稲門会囲碁会と同日になってしまい、囲碁会は津田沼「本因坊」と船橋中央公民館の2箇所に分かれての対局となった。
夜の忘年会は津田沼「土風炉」で全員が集合し、いつもどおり囲碁談義を楽しみ、来年の一泊囲碁旅行は2〜3月に実施することを決めた。
参加者は岩田、井上、浮貝、小林、田中(直)、天日、坂本の各部員。
                                            (坂本記)

第4回校友会千葉県支部囲碁部会大会

10月5日、第4回校友会千葉県支部囲碁部会大会が南流山センターで開催され 参加14稲門会で 1組5名の16チームを構成し、チーム対抗で争われた。(稲門会別対抗戦だが、人数の関係で混合や 2チームを構成したチームをある) 
対局結果は 当会は4位となり はじめて
上位入賞を果たした。
当会参加者は 田中(直)、天日、岩田、浮貝、斉藤(準部会員)。
対局終わって会場近くでささやかな祝勝会を行なった。
尚、優勝は千葉稲門会で 唯一の全勝だった。
    (坂本宗秋記)
 

2008年9月度囲碁部会大会

9月21日(日)に久し振りに囲碁部会大会をいつもの津田沼の「本因坊」で開催した。
参加者は田中(直)、小林、井上、岩田、金古、浮貝、坂本の7部員と清水、斉藤の2準部会員、計9名で(天日、向井両部員は欠席)4局づつの対局。
対戦結果は岩田部員があわや全勝というところを逃し僅差で1負を喫したものの3勝1敗の好成績を残した。
対局後、近くの居酒屋で懇親会を行なった。
                            (坂本 記)

船橋稲門会囲碁部との交流戦

8月3日(日)12:15より船橋稲門会囲碁部との交流戦が船橋中央公民館第一集会室で行われました。
習志野稲門会囲碁部からは岩田、浮貝、小林、天日の4名が参加、船橋チームが11名で、計15名が参加和気藹々の内に4回戦の対局が終わり、船橋の内藤邦夫さんが優勝。
駅前の居酒屋での懇親会も大いに盛り上がり、初めて会う人たちとの囲碁談話で、無事終了しました。

次回は10月19日(日)12:15から船橋中央公民館で開催されます。
今回の習志野稲門会囲碁部会参加は4名で寂しく、次回は大勢の皆さんの参加を期待しておりますとのことでした。

                                   (記;囲碁部会 天日雄三郎)

第8回オール早稲田囲碁祭

6月7日(土)10時より第8回オール早稲田囲碁祭(首都圏)が市ヶ谷の日本棋院2階大広間の対局室で、総勢250人、50チームの参加で盛大に開催されました。
1チーム5人の編成で我が習志野稲門チームも船橋との混合編成で参加しました。
主将斉藤5段(船橋)、副将天日3段、岩田初段、浮貝初段、山本初段(船橋)の5名にて健闘したのですが、結果は2勝2敗で、残念ながら入賞には及ばなかったものの、岩田初段が4戦全勝という快挙で、貢献し、その労をねぎらい帰りに船橋の居酒屋での反省会で来年に向けての捲土重来を期し、それぞれ家路に向かった。
記 囲碁部会 天日雄三郎

2008年3月20日囲碁部会一泊宿泊大会 

3月20日(木)土砂降りの中、正午にJR津田沼駅に集合し、大江戸温泉物語「君津の森」での1泊2日の碁会が開催されました。
出席者は、田中部会長、小林、清水、井上、金古、浮貝、天日の7名で、14時30分より総当り6回戦の熱戦が開始されました。
18時30分より懇親会に入り、対戦結果の反省など、和気藹々の内におおいに、語らいあいました。
翌21日は9時より残りの対戦を開始し、5勝1敗が、田中、小林、清水の3人となり、幹事の独断と偏見により、年長者を優勝ということにしました。
従いまして、田中部会長の優勝で無事終了しました。
                                   当番幹事 天日雄三郎
                                                    
囲碁部会年末大会&忘年会

年内最後の大会を12月16日(日)午前11時より「津田沼囲碁クラブ本因坊」で開催した。
参加者は体調を回復した田中直彦会長以下、天日、浮貝、井上、小林、坂本各部員と 清水、斉藤の準部員の8名、欠席は3名だった。
田中会長は久しぶりに参加。

本番対局以外に任意対局も行われ大いに勉強にもなった大会だった。

午後5時半に対局を終え、近くの居酒屋「天狗」で忘年会に移り、参加者は都合で2名欠席となったが、囲碁のみならず種々の話題で盛り上がり、3月に一泊旅行で大会をすることを話し合い散会した。     坂本宗秋

先に当稲門会の会員となった井上勲さん(昭和35年政経卒 谷津5丁目居住)が囲碁部会に入会された。長年囲碁にご無沙汰しているが、若い時に初段の免状をとられたとの事。既に8月より月例会(第二及び第四月曜日に開催)に参加されている。
尚 これで囲碁部会会員は11名(正規会員8名、準会員3名)となった。

第3回早稲田大学校友会千葉県支部囲碁部会大会

10月7日(日)第3回千葉県支部囲碁部会大会が市川市南公民館で16チーム参加し開催されました。当会からは斉藤、天日、岩田、浮貝、井上が参加し健闘しましたが、表彰対象の5位以内には入れませんでした。優勝は野田稲門会でした。

2007年9月度囲碁部会大会催

定例の囲碁部会大会は9月15日(土)正午から津田沼「本因坊」で行われた。
今回は7名だけの参加となったが、病気療養中だった田中直彦部会長が数ヶ月ぶりに出席、
また新会員の井上勲さんが初参加した。

対局が終わって 居酒屋に席を移し懇親会を賑やかに行った(田中さんは欠席)。
 
坂本宗秋記

第3回宿泊懇親囲碁大会

囲碁部会では第3回宿泊懇親囲碁大会を3月18日〜19日、南房総市白浜の「南国ホテル」で行なった

今回は対局は6戦とし、午後2時に開始、夕食後更に継続、翌朝8時半より昼まで続けた。優勝は5勝1敗で清水睦雄さん、2位の4勝2敗にはなんと4人も出た。今回も皆で拠出し 優勝者と2位5人更にブービーの人にささやかな賞品を出して祝った。
対局後は温泉と持込みの酒類で大いに楽しんだ。

参加者: 田中直彦部会長、向井舜治、小林晃、天日雄三郎、岩田光弘、金古好司、浮貝泰夫、坂本宗秋、準会員 清水睦雄(船橋稲門)、斉藤鴻志(同)。

           (坂本宗秋記)
 

囲碁部会年末大会&忘年会開催

囲碁部会年末大会はいつもの津田沼「囲碁クラブ本因坊」にて初めてweekdayの12月8日(金)に開催し、部員9人が集まり4回戦を行った。
結果は準会員の清水睦雄氏が全勝し、賞品を差し上げ祝った。

戦い終わって場所を変え忘年会に移り 囲碁談義から始まり賑やかに談笑、来春3月ごろに3回目の宿泊大会を行うことを決め 9時前に散会した。

写真は懇親会。参加者は田中直彦会長をはじめ、天日、岩田、浮貝、金古、小林、坂本各部員 及び 清水、斎藤の準部員。 

第2回早稲田大学校友会千葉県支部囲碁部会大会

  10月15日(日)第2回早稲田大学校友会千葉県支部囲碁大会が市川駅南公民館に於いて行われました。総勢84名の参加者があり盛大なイベントでして。習志野代表は5名の参加でした。成績はいまひとつでした。

通算第10回囲碁部会大会 :

2006年9月24日、囲碁部会大会が津田沼の 「囲碁クラブ 本因坊」で行われた。
今回の参加者は9名(欠席2名)。午前11時から午後6時まで多い人で6局、
少ない人で4局の対局だった。
結果は 田中直彦会長が清水睦夫氏(準会員)と共に
好調で、4勝1敗の好成績を残した。
対局を終わり 近所の焼鳥屋で懇親会を開催、
囲碁談義に花を咲かせ9時前に散会した。 
(坂本宗秋記)

2006年7月2日(日)〜3日(月) 第二回宿泊懇親囲碁会

7月2日(日)昼前に 2台の車に分乗してJR津田沼駅前発、君津に向かった。途中、 君津市内の蕎麦屋で昼食、次いで 宿に持ち込むアルコール飲料等を買い込み、「ウエルサンピア君津」着。2時半過ぎより囲碁会開始。8人参加で総当たり対局としたので7番勝負となった。当日は夕食時を除き、囲碁に没頭、気がつくと12時前。慌てて 全員就寝。翌朝は6時前より起き出して 裏山を散歩したり 風呂に入ったりしたが朝食後 7時半過ぎから早速再び囲碁打ちに専念。時間が足りないので 対局室にしている一部屋だけチェックアウトを正午まで延長して ギリギリまで打ち続けた。

参加者は 岩田、金古、小林、田中直彦、天日、斉藤鴻志、清水睦雄、坂本 の8部員 (欠席3名)。 

全員で少額ずつ出しあい、予め賞品と参加賞(女性用品が主)を準備した。手合いの結果は5勝2敗で天日さんが見事優勝。対局が終わると高段者による批評があるので大いに勉強になった。また 斉藤さんが所有する立派な碁盤4面と碁石を提供 してくれたので、気持ちの良い碁打ちの感触を楽しむことが出来た。正午過ぎ会を終え 皆疲れて、真っ直ぐ帰宅の途についた。碁打ちが目的とはいえ対局に追われ、囲碁以外の時間を楽しむことが余り出来なかったのはチョッピリ残念ではある。 (坂本宗秋記)

2006年6月10日(土) 第6回オール早稲田囲碁祭が午前10時から市ヶ谷の日本棋院東京本院で51チーム260名の稲門の囲碁フアンが集まり、盛大に開催されました。習志野チームは初参加で、清水6段、斉藤5段、天日3段、田中初段、岩田初段の5名1組。クラス別でCクラスとなり出場。初戦は対横浜チームBで、2勝3敗、2回戦は対世田谷チームBで、3勝2敗、3回戦は対文京チームで3勝2敗、決勝戦は、対厚木チームで2勝3敗で惜しくも、Cクラス8チーム中4位という成績でした。5時には表彰式が終わり、応援部OBのリードにより、校歌斉唱し散会しました。(天日雄三郎記)

2006年3月4日(土) 今回の囲碁大会には会員7名(3名欠席)に加え 船橋稲門会から清水睦雄氏が参加された。同氏は7段の腕前で 大会としては、ぐっとレベルの高いものとなった。懇親会には大会に出られなかった会員も加わり9名でいつもどおり賑やかだった。今後の合宿大会が話題となり 次回は温泉があって しかも囲碁を打つ時間が充分とれそうな館山辺りで計画しようということでまとまった。また 清水氏は今後とも大会に参加する事となった。(坂本宗秋記)

2005年12月11日(日)  午前11時に津田沼駅前碁会所「本因坊」に集合し直ちに手合わせ会を開始した。定例会には勤務の都合でなかなか参加出来ない部会員も含め 9名が参加、賑やかな碁会となった。夕刻 焼鳥屋に席を移し、碁会に参加出来なかった者も駆けつけ部会員全員10名で忘年会を開催。普段はなかなか出来ない囲碁以外の話でも盛り上がり、来年もまた 活発な部会活動を行うよう話し合って散会した。

2005年11月6日(日)〜7日(月)  囲碁部会初めて一泊合宿を 部会員7名が参加して国民宿舎 「サンライズ九十九里」で行なわれた。目的は 総当たり対局と懇親。 車2台に分乗し一時間足らずでホテルに到着、 早昼食の後正午より対局開始、夕食は特別魚料理「房総えび&九十九里三昧」と心地よいアルコールを堪能し その後 対局再開 深夜12時ごろまで熱戦が続いた。
尤も 夕食後は 懇親主体とばかり 美酒に酔う者寛ろく者 もいたが 目は対局に向けられ論評賑やかだった。
翌日朝食後 8時半ごろより対局開始 チェックアウト時間の正午ギリギリまで続いた。対局結果は準部員の斉藤鴻志氏(37年法卒)が全勝し 皆で房総土産を進呈して祝った。 初めての合宿であったが 皆さん熱心で所期の目的を達し、今後とも合宿は当部会の年間行事として位置づけることにした。
今回10名の部員のうち 参加者は 田中直彦、岩田光弘、金古好司、小林晃、向井舜治、坂本宗秋 及び 斉藤鴻志 の各氏。天日雄三郎、浮貝泰夫、長谷川守攻の3氏がどうしても都合つかず 参加出来なかったのは残念であった。

2005年10月24日(月) 囲碁部会員5名は八千代稲門会囲碁部会との交流のため同会を初訪問した。先方は会員21名中8名が出席。はじめに囲碁教室を行ない上級者が講義をしていたのには感心した。今後とも互いに都合つくときに随時交流をすることにした。(坂本宗秋記)

2005年10月9日(日) 「早稲田大学校友会千葉県支部囲碁部会」が発足。 第一回千葉県校友会囲碁大会が市川駅南公民館で開催されました。団体戦は8稲門会(各5名)で行われ、当稲門会は6位に終わりました。(天日、田中、浮貝、金古、坂本の部会員が参加)優勝は7段〜3段の強力メンバーを揃えた柏稲門会で、準優勝は流山稲門会であった。また、団体戦に出場しないで3稲門会を含む16名による個人戦も行われた。(7段から8段までが参加)。今後とも毎年開催の方針とのことで、当部会としては今後 より上位になるよう研鑽を積みたい。(坂本宗秋記)

2005年8月22日(第4月曜日)正午より8月度第2回目の手合わせ会は行われました。今回の参加者は5名でした。

2005年8月1日(第1月曜日)に変更されたが8月度第1回目の手合わせ会は新入会員2名も加わり参加者7名で賑やかな会となりました。

2005年8月部員が9名になりました。

2005年7月24日(日)、新規会員と近隣稲門会からの参加者を得て、大会を津田沼「本因坊」にて開催されました。

2004年4月に発足、2005年6月当時の在部会員は5名でした。

会長: 田中直彦
入会などに関する連絡先:坂本宗秋(電話:453−6750)