習志野稲門会会則

第1条 本会は習志野稲門会と称し、事務所を習志野市に置く。
第2条 本会は会員相互の親睦をはかり、地域社会および早稲田大学の発展に寄与する事を目的とする。
第3条 本会は習志野市およびその近郊に居住、または勤務する早稲田大学(付属学校を含む)の卒業生および中途退学者、ならびに現・旧教職員・学生をもって構成する。
第4条 本会に次の役員を置く。
会長
副会長
1名
若干名
常任幹事 幹事長   1名・副幹事長 3名
会計幹事 2名・庶務幹事 3名
幹事  若干名
監査役  2名
第5条 会長は本会を代表し、会務を統括する。
副会長は会長を補佐し、会長に事故のあるとき、これに代わる。
幹事は会長の指示により、会務を処理する。
監査役は会計監査を行う。
第6条 本会に顧問を置く。
今回は本会の相談役として、本会の育成発展のために、会長の諮問に応ずる。
顧問は会長の推薦により役員会の議を経て会長が委嘱する。
第7条 役員は定例総会において会員よりこれを選出する。
役員の任期は2年とする。ただし、再選を妨げない。
補欠の役員の任期は前項の規定にかかわらず、前任者の残存期間とする。
第8条 会長は必要に応じ委員会を設け、委員に委嘱することが出来る。
その他同好会等の部会を置く事が出来る。
第9条 本会は毎年1回定例総会を開く。
但し、必要ある場合は、会長の招集により臨時総会を開くことが出来る。
第10条 会員総会の決議は出席会員の過半数をもってする。可否同数の時は、議長がこれを決する。
第11条 本会の経費は会費、寄付金およびその他の収入によってこれに充てる。
第12条 本会会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
付則 1. 本会則に規定されていない事項については役員会に一任し、必要に応じて、役員多数の意見に基づき、総会の追認を条件として、追加あるいは改訂することが出来る。但し、追認を得られなかった場合は、直ちに当該事項を廃しもしくは復旧しなければならない。
2. 事務連絡先は、現在、滝口堅治(習志野市鷺沼3ー5ー14 電話 047−451−2035
E−mail takiguchi@hojun.co.jp)とする。
3. 本会則は昭和62年5月9日より実施する。

戻る